樹脂材料の成形加工性を評価する
-動的粘弾性測定-

概要


  • 樹脂の成形性や成形品の収縮・変形等には、樹脂材料の粘弾性が影響する

  • 粘弾性は温度や押出し速度等の条件により変化する

  • 各種条件(温度、速度等)の変化による粘弾性の変化を把握することが重要


弾性と粘性とは


  • 樹脂材料の性質は、弾性と粘性の2つの性質で成り立っている

  • 弾性と粘性の両情報により成形加工性に関わる材料の性質を把握できる
]
mcanac


測定方法


  • 溶融した樹脂を2枚のプレートで挟みプレートを回転させる

  • 回転速度(周波数)を周期的に変化させながら応力を測定する
mcanac


測定例


溶融状態のポリエチレンの粘性 [η*]
mcanac

G'(弾性項)G"(粘性項)から
η*(粘性)を算出する


  • 一般的に周波数ω(回転速度)が速いほど、粘性(η*)は低下する

  • 特定温度(製品の使用温度や成形温度等)での動的粘弾性を測定できます



検索番号:6d011




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.