荷重たわみ試験を用いた樹脂耐熱性の評価

概要


プラスチック材料の高温における変形のし難さ (耐熱性) を評価する手法。荷重たわみ温度 (HDT) を指標とする。

油槽またはオーブン中にて、板状プラスチック試験片の両端を支持しその中央部に一定荷重を加えた状態で指定加熱速度(通常2℃/分)で槽内温度を上昇させ、試験片のたわみ量が規定の量になった時の温度を荷重たわみ温度として記録する。


mcanac
mcanac

mcanac

3種の樹脂サンプルで測定した例

規定たわみ量に達した温度(荷重たわみ温度)

樹脂A 樹脂B 樹脂C
75 ℃ 90 ℃ 110 ℃

耐熱性は以下の順に高い
樹脂C > 樹脂B > 樹脂A

JIS試験やASTM試験に準じて実施
カスタマイズ試験はお問い合せください




検索番号:6c015




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.