プラスチック材料の衝撃強度評価


概要


  • 材料の破壊に要するエネルギーや耐衝撃性(衝撃強度)を測定する

  • 複数の測定法があるが、工業材料一般の評価に使用される代表的な方法として
    シャルピー/アイゾット衝撃試験がある。


試験法


振り子型のハンマーで試験片に衝撃を与え、ハンマーを振り下ろす前後の角度から破壊エネルギーを求める。

mcanac
mcanac

国内外の各種規格に対応


シャルピー : JIS K7111-1 (ISO 179-1)、JIS K6745
アイゾット : JIS K7110 (ISO 180)、ASTM D256



各種単一材料、複合材料 (添加材料、繊維強化) に対応


熱可塑性樹脂 : PP、PC、PMMA、PS、ABS、PBT、NY など
複合材料 : GFRP、CFRP など



その他測定条件、材料、試験体形状に対応します


お気軽にご相談ください




検索番号:6a009




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.