ポリオレフィンの安定剤の迅速分析

概要


プラスチックには目的や用途に応じて様々な添加剤が使用される。
特に、成形加工時や製品として使用する際に光や熱等の様々な要因により酸化や変色などの劣化が生じるため、使用される添加剤は劣化を抑制する安定剤が主体となる。

このたび長年の添加剤分析の知見と経験を活かし、添加剤の分析工程を抜本的に見直しすることでポリオレフィンの安定剤を迅速かつ高感度に分析できる技術を確立した。
その結果、分析結果報告の短納期化、微量安定剤の分析を可能とした。

分析対象の安定剤


mcanac


ポリオレフィン安定剤の分析工程の迅速化と高感度化を同時達成


mcanac





検索番号:2021




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.