リサイクルプラスチックの添加剤分析

概要


リサイクルプラスチックは回収からリサイクルされるまでの過程がさまざまであることから、同一の樹脂種であっても含有される添加剤成分が異なる。製品用途によっては添加剤成分による物性への影響が出る場合があり、リサイクルプラスチックを原材料の一部として用いるためには含有される添加剤の定性・定量分析が重要である。
本資料では由来の異なるリサイクルポリプロピレン (PP) の添加剤分析について紹介する。



分析の流れ


mcanac


分析事例: 由来の異なるリサイクルPPペレットに含まれていた添加剤


添加剤定量結果
ppm
  家電リサイクル品
(複数部材)
家電リサイクル品
(単一部材)
飲料容器
リサイクル品
バージン材
(家電向け一般銘柄)
酸化防止剤 A < 100 100
酸化防止剤 B 200 300 200 500
酸化防止剤 B の酸化物 300 100 300 < 100
酸化防止剤 C 200 100
酸化防止剤 D 300 500 400 500
耐候安定剤 A < 100
耐候安定剤 B 100
耐候安定剤 C < 100
スリップ剤 5700

  • すべてのサンプルから酸化防止剤が検出されているが、添加剤銘柄や含有量はまちまちであった

  • 耐候安定剤は家電リサイクル品(複数部材)のみから検出された
    ➡屋外などで使用される用途の部材がリサイクル原料に含まれていたと考えられる

  • 飲料容器リサイクル品からは高レベルのスリップ剤が検出された
    (ボトルキャップ用途ではスリップ剤が数1000 ppm レベルで配合される)
    ➡他の用途に使用する際にはスリップ剤の物性・成形性などへの影響の有無を確認する必要がある

独自の添加剤分析技術により、高精度かつ迅速な分析に対応いたしますので、お気軽にご相談ください



検索番号:1070




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.