ポリオレフィンの組成分析


概要


高分子材料の分子構造 (分子量、組成 / 短鎖分岐、長鎖分岐) と諸物性との間には密接な関係があり、分子構造の違いが樹脂の成形加工特性や成形品の性能を左右する。弊社では、ポリオレフィンの各種クロマト分離技術と IR や NMR などの組成分析と合わせて分子構造と諸物性との関係性を総合的に解析する。

ポリオレフィンの組成分析法一覧


得られる情報 適用ポリマー 分析方法 備考
組成分布
Comopsition distribution
結晶性ポリマー
Crystalline polymer
クロマトグラフィ
Chromatography
TREF * 結晶性の違いを利用した
組成分布の解析
CEF *
非晶性ポリマー および
結晶性ポリマー
TGIC * 相互作用の違いを利用した
温度グラジエント組成分布解析
構造
Structure
結晶性、
非晶性ポリマー
Amorphous polymer
NMR ポリマー中微量物(例えば2ppm)の
構造同定も可能
IR 構造決定、データベースによる

* Measuring instrument name

結晶性ポリマーの場合には TREF と GPC を組み合わせて分子量 − 組成二次元分布解析も可能
組成分析をフルラインナップして受託できるのは三井化学分析センターのみ


PPコンパウンドの組成解析 CEF、TGIC


試料:PPコンパウンド (PP、PE、EOR、EPR)

mcanac

IR、NMR 等により得られるポリマー種・組成情報を参考に各ピークを帰属する


PPコンパウンド成分分析結果

成分 含有濃度(wt%)
PP 55.6
PE 2.9
EOR 23.9
EPR 17.2
ローポリマー他 17.2

CEF と TGIC とを併用することにより各成分が明確に分離でき、コンパウンド組成が詳細に解析できる
またゴム成分などは、ブロックPP由来の重合ゴムか、後添加ゴムかの推定も可能である




検索番号:1057




  • 分析メニュー・事例



お問合せ

《CONTACT》

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
弊社担当営業よりご案内させて頂きます。
WEBからのお問合せはこちらから。


東日本営業グループ
TEL.03-6880-7695 FAX.03-6880-7696

〒104-0028  東京都中央区八重洲2-2-1 東京ミッドタウン八重洲  
八重洲セントラルタワー 17階


東海営業グループ
TEL.052-587-3617 FAX.052-587-3618

〒450-0003  愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30
(名古屋三井ビル本館)


西日本営業グループ
TEL.06-6446-2960 FAX.06-6446-2970

〒550-0004  大阪府大阪市西区靭本町1-11-7
(信濃橋三井ビル)


西日本営業グループ(岩国営業チーム)
TEL.0827-53-9190 FAX.0827-53-8894

〒740-0061  山口県玖珂郡和木町和木6-1-2




Copyright © MITSUI CHEMICAL ANALYSIS & CONSULTING SERVICE, INC. All Rights Reserved.