概要

高分子材料は繰り返し応力が加えられ、歪みが多数回加えられると構造が変化することにより最終的に破壊に至る。疲労試験の結果は、一般に横軸に破断までの繰り返し数を、縦軸に繰り返し応力をプロットしたS-N線図で表す。

試験法

試験法 引張疲労、3点曲げ疲労、圧縮疲労、せん断疲労
曲げ疲労
 
装置名 サーボパルサー
(EHF-EB50kN-40L)
曲げ振動疲労
試験機
最大荷重 0 ~±50000N 0 ~ 500N
最大振幅 ±25mm (0.1Hz)
±1.2mm (10Hz)
±8mm
試験波形 正弦波、三角波、矩形波 正弦波
周波数 0.001 ~ 110Hz 30Hz
温 度 -65 ~ 300℃ -30 ~ 200℃
試験片形状 小型引張試験片 片持ち曲げ試験片
関連規格 JIS K7118 JIS K7119
ASTM D671

試料例

熱可塑性樹脂 PE、PP、NY、PBT、ABS、PC、PPE など
熱硬化性樹脂 エポキシ樹脂、不飽和ポリエステル など
複合材料 GFRP、CFRP、ガラス繊維強化NY など

測定例 各種樹脂の引張疲労S-N線図

検索番号6j002

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。