概要

定常法熱流計法による熱伝導測定方法は、非定常法(レーザーフラッシュ法や周期加熱法)とは異なり、試料の比熱や密度が不明でも熱伝導率を測定可能である。

熱伝導率(λ)=1/熱抵抗(R) x 試料厚み(d)

100μm厚程度※以上の試料であれば、重ね合わせずにそのまま測定することが可能。または、フィルム同士の接触熱抵抗を見積もることもできる。

※測定可能な試料厚みは試料の熱抵抗に依存

測定実績

  • 燃料電池用電極フィルム(金属-樹脂積層体)
  • 金属蒸着発砲フィルム
  • 粘着フィルム
  • その他、多層材や不均質材料など多数

測定例 ポリイミドフィルム重ね合わせの測定例

フィルム間の接触熱抵抗の影響は非常に小さいことが確認できる

検索番号6c008

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。