概要

熱伝導率とは・・・
熱伝導率は物質の熱の伝えやすさを表す物理量で、記号および単位は、「λ(W/m.K)」がよく用いられます。放熱用材料や断熱用材料の主要特性ですが、その他、成型加工や熱変形等の数値シミュレーションを行う場合にも重要な数値です。気体や液体の場合は対流等の影響を含まないようにします。

測定方法

測定法 ホットディスク法 プローブ法 熱流量法 レーザー
フラッシュ法
関連規格 ISO/CD 22007-2 JIS R2616 ASTM E1530 JIS R1611
測定例
  • 樹脂板
  • カーボン粉入り樹脂
  • 放熱グリース など
  • 樹脂フィルム
  • 発泡樹脂シート
  • 高配向FRP など
  • バルク樹脂
  • 樹脂積層帯
  • 樹脂シート
  • 保温材 など
  • セラミックス薄板
  • 断熱コートつき金属板 など
イメージ図
タイプ 3次元、非定常 2次元、非定常 1次元、定常 1次元、非定常
測定範囲
(W/m.K)
0.01~100 0.02~10*1 0.1~15 0.05~400
測定精度 ±5% ±5%*1 ±5% ±10%
温度設定(℃) -20~200 制御不可 室温~300 -180~1300
標準
サイズ*2
(mm)
40φ×40t
(試料を重ねても可)
2片1組
30×110×25t
30×110×0.1~2t
上図中の横が110
50φ×0.2~15t
(試料を重ねても可)
10φ×1~3t

※1 フィルム/シートでは測定範囲が狭くなり、測定精度も低下します。
※2 試料サイズは標準です。材料の特性等により必要サイズが異なる場合があります。

検索番号6c006

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。