概要

高分子材料同士、あるいは高分子と他の材料を直接接触させ、一定の応力と線速度のもとに動摩擦係数・摩耗量を測定し、限界PV値を求めることができる。
高分子材料の摺動抵抗と耐摩耗性が評価できる。

試験法

試験法 摩擦摩耗試験(松原式:円筒平面型)
試験装置名 EFM-3-N
荷重範囲 0.2~5,000N
最大トルク 3N・m
線速度 0.2~2,000mm/sec
試験温度 RT~200℃
試験片形状 円筒形標準試験片
20mmΦ×10mm(リング)
40mmΦ×2~5mmt(板)
関連規格 JIS K7218

試料例

熱可塑性樹脂:POM、PC、 ABS、 ポリアミド、超高分子量PE、フッ素樹脂 など
熱硬化性樹脂:フェノール樹脂、エポキシ樹脂 など
複合材料  :GR-NY、CFRP など

検索番号6a007

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。