概要

接着剤、粘着剤、塗膜などの表面をSPMを用いて摩擦力を測定することで、密着性、親水性度合いとその分布を評価できる。

SPM:Scanning Probe Microscopy(走査型プローブ顕微鏡)

水平力顕微鏡を用いた摩擦力の温度依存性測定

Tg以上軟化点までの摩擦力の変化から表面の分子運動性を推測することができる
分子運動性が大きいほど、表面密着性も大きくなる傾向がみられる

高分子材料の密着性を評価するには
⇒水平力顕微鏡を用いた摩擦力の温度依存性測定が有効

化学力顕微鏡を用いた摩擦力評価

XPSが、深さ数nm範囲での官能基評価であるのに対し、表面修飾した探針を用いた摩擦力を測定することで材料表層の親水性の度合いおよびその分布を評価

接着層などの親水性の度合いおよびその分布を評価するには
⇒化学力顕微鏡を用いた摩擦力測定が有効

検索番号4042

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。