概要

LiB負極材料を大気非暴露(Ar雰囲気)で電子顕微鏡(SEM)観察することで試料の変質やふくれなどを防止し、サイクル試験前後や充放電前後での負極の形状変化などを評価することができる。

分析例

  • 大気中での負極材料の変質を防ぎ、本来の状態での観察が可能となる
  • サンプル移送時には、雰囲気遮断ホルダーを使用

負極材表面 大気暴露前後におけるSEM観察

負極材断面 大気暴露前後におけるSEM観察

検索番号4034

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。