概要

太陽電池モジュールは過酷な屋外環境下で使用される中で、故障や不具合が発生する。
通常、強化ガラスの切り出しは困難であるが、当社では特殊な加工をすることで、強化ガラスにひび割れが入らない状態で故障・不具合箇所の断面を作製することができる。
これを走査電子顕微鏡(SEM)観察することで不良要因・原因の特定が可能となる。

太陽電池パネルの断面観察

実体顕微鏡像

特殊加工により強化ガラスであっても幅2?程度の断面を作製することが可能

走査電子顕微鏡(SEM)像 上記実体顕微鏡像の 部分のSEM観察

広域でSEM観察を行うことにより、例えば「セル/ハンダ」、「Cu/ハンダの各界面」、及び「ハンダ内のクラック」などにおける不良要因・原因が発見しやすい

検索番号4017

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。