シリコン系太陽電池の断面観察
-走査電子顕微鏡(SEM)-

印刷する

概要

市販の太陽電池の断面を研磨法にて作製し走査電子顕微鏡(SEM)による観察をおこないました。
これは試料の全体構造や各部位の形状の把握に有効です。

走査電子顕微鏡(SEM)による断面観察

走査電子顕微鏡(SEM)での観察の結果、充填材2のセル側で補強材と思われる繊維状物(拡大像1)や、充填材/裏面保護材界面に薄層(拡大像2)を確認することができます。

各部材における測定例 赤外分光分析(FT-IR)、エネルギー分散(EDX)

表面保護材のIRスペクトル 表面保護材のIRスペクトルを詳細に解析したところ、フッ素系樹脂と推定されました。

充填材2中の繊維状物のEDXスペクトル 充填材2中の繊維状物のEDXスペクトルから、主にSi、O、Al、Caが検出されました。
このことから、繊維状物はガラス繊維と推定されます。

検索番号4015

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら