概要

エマルションは、モノマー・各種助剤(開始剤・界面活性剤など)を用いて生成される。しかし、これら原料中の不純物やコンタミ等により、エマルション中に多種多様なイオン性物質が含まれ、その種類及び量によっては安定性が損なわれる。
このようなイオン成分の分析にはポリマーや界面活性剤の影響が少なく、簡便な前処理だけで定量分析が可能なキャピラリー電気泳動(CE)分析が有用である。

分析例

  • 試料:アクリルエマルション(アクリルポリマー含有)
  • 前処理:水にて希釈後、濾過
  • 対象イオン:陰イオン、陽イオン(緩衝液を選択)

陰イオン分析条件① 陰イオン分析条件② 陽イオン分析条件

定量結果(エマルション1gあたり)
  Cl SO42- NO3 PO43- NH4+ K+ Na+
定量値 (ug/g) 3.6 4.8 1.0 85 300 3.6 4.1

検索番号3009

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。