概要

  • 合金成分に応じて溶解液種、酸の濃度、溶解時間を調節することにより、各種合金成分の「偏析」(分散状態)の問題に対応
  • 測定方法(ICP-MS、GFAAS)の検討、及び干渉抑制剤の選定により、各種Sn薄膜中の50ppm以上の環境規制物質の定量が可能です

分析方法

前処理:メッキ膜のみを段階エッチング
ICP-AES、ICP-MS、GFAAS

試料例

検索番号3008

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。