概要

パーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)とその関連物質であるパーフルオロオクタン酸(PFOA)は表面処理剤等の用途で幅広く工業製品に使用されているが、2008年にEUで発令されたPFOS規制により指定含有量を越える製品の上市が厳しく規制された。
RoHS指令と同様に製品中のこれらの含有量を把握することは非常に重要となる。

<基準値>
物質および調剤の構成成分として 0.005%以下
半完成品・成形品では 0.1%以下
織物およびコーティングされた製品で 1μg/m2以下

分析方法

前処理: 溶媒浸漬-超音波抽出
測定方法:

液体クロマトグラフィー質量分析(LC-MS/MS)

*選択反応検出法;SRM法
夾雑物の影響を受け難く、S/N比が向上する高感度な分析方法

分析例-プラスチック製ネジ口瓶の蓋中のPFOA・PFOSの定量-

試料片を溶媒浸漬し、超音波抽出後、LC-MS/MSにて測定

PFOS、PFOAのクロマトグラム

検索番号2007

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。