概要

化合物の結晶構造を決定するには単結晶 X 線構造解析法が有効である。しかし、十分なサイズの単結晶が得られないと適用できない。ここでは粉末多結晶試料を XRD(X-ray diffraction) 測定し、リートベルト解析により結晶構造を精密化した事例について紹介する。

リートベルト法とは

リートベルト解析では、粉末多結晶試料を XRD 測定した回折パターンに対し、装置関数、結晶構造モデルをパラメータとして非線形の最小二乗法でフィッティングすることで格子定数、占有率、分極座標、原子変位パラメータ等の値を精密化することが出来る。また、複数相が想定される場合は解析により各々の質量分率を求めることが出来る。

解析事例

試料:市販 Rutile 型二酸化チタン (TiO2) 試薬

・得られた回折パターンから Rutile 型に加え、 Anatase* 型の存在が示唆された
・リートベルト解析(2 相解析)した結果、 Anatase 型は 1wt% 程度含有していることがわかった
*TiO2 は Rutile 型や Anatase 型といった結晶多形を持つ

検索番号1064

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。