概要

樹脂材料の分子量・分子量分布は、成形加工特性や得られる成形品の諸物性に影響を与えることが知られている。GPCを用いることにより、高分子の平均分子量や分子量分布を測定することができる。高温GPCは、常温では溶媒に溶けないオレフィン系高分子の測定に用いられる。

高温GPC装置概要

高温(140℃)に保たれた装置内のGPCカラムで分子をサイズ別に分離し、屈折率計(RI検出器)で検出

※主な測定対象はオレフィン系高分子
溶媒: o-ジクロロベンゼン(ODCB)

分析例 高密度ポリエチレンの分子量測定

標準ポリスチレン(PS)を用いて作成した較正曲線を基に分子量を計算
ポリエチレンサイズに置き換えて分子量を計算することも可能

各種平均分子量結果(PS換算)
Mn Mw Mw/Mn
36,000 113,000 3.12

Mn: 数平均分子量
Mw: 重量平均分子量
Mw/Mn: 多分散度

検索番号1026

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。