原理

干渉という光の波動性を利用し、試料がある場合と無い場合のインターフエログラムを測定し、フーリエ変換することでスペクトルを得ます。

特長

測定領域: 400-10000cm-1
最高分解能: 0.075cm-1(FWHH)
感度: S/N比=6,000/1微弱なシグナルを扱う光音響(PAS)法測定に有利
超高速スキャン: 60スペクトル/sec以上短時間から長時間の反応挙動の追跡に適用可能
ステップスキャン: 時間分解能5μsec-300msec

フィルム伸縮や液晶の表示など、周期的な変化をさせた試料の極めて短時間における経時変化を測定する。また、位相変調測定により、PAS法にありかちなシグナルの飽和を伴わない良好なスペクトルを得ることができる。

アクリル系樹脂の光硬化過程

位相変調PAS法による深さ方向の分析

検索番号1007

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。