原理

溶解・融解できない、あるいは溶解により分解してしまう試料に対して、固体状態でNMRスペクトルを測定する。

固体状態ではケミカルシフトの異方性からスペクトルの広がりが生じるが、MAS(magic angle spinning)、ハイパワーデカップリング、多重パルス、交差分極(cross polarization,CP)法を用いて、高分解能スペクトルを得る。

特長

  • 溶媒に不溶なサンプルが測定可能
  • 固体状態の情報が得られる
  • 構造解析と物性評価が可能
  • 測定核種:1H、13C、15N、27Al、29Si、31P 他

MAS効果及びデカップリング効果(ヘキサメチルベンゼン)

固有試料の13C-NMRスペクトル

固有試料の15C-NMRスペクトル

検索番号1001

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。