シンガポールへの青果物荷受け代行・鮮度分析サービス

弊社は、三井化学株式会社の関係会社である三井化学シンガポールR&Dセンター社が提供しているサービスの日本窓口となりました。本サーピスはシンガポールへ青果物の輸出を検討されている企業・団体様を対象とし、現地(シンガポール)に到着した青果物の状態と鮮度を調べるものです。詳しくは以下内容をご覧ください。種々ご相談に対応しますのでぜひご利用ください。

1. 荷受け代行サービス

青果物の輸入ライセンスを保有しており、青果物の引き受けを現地(シンガポール)でいたします。

2. 鮮度分析サービス

荷受け青果物の状態を確認します。外観を目視観察したり、機器を使った各種測定を実施します。

お問合せ

鮮度分析サービスに関するお問合せは、WEBお問合わせフォームまたは、下記の電話番号までお願いします。

1. 荷受け代行サービス

青果物輸入ライセンス

Singapore Food Agencyのライセンスのもと、青果物荷受けをします。

ライセンスを拡大する

到着時の荷姿

荷揚げ後、コンテナ内に積まれた荷物の状態から個々の包装に破損がないかなどを確認し、写真を撮影します。

2. 鮮度分析サービス

外観確認

劣化の度合いを目視、嗅覚、触感で確認します。着色具合、カビの発生、ドリップや異臭の発生、表面の軟化、などを確認し、写真を撮影します。

機器分析

機器による測定にて糖度、硬度などを数値化します。

重量測定
青果物は、呼吸により体内の水分を外部に蒸散します。このため、経時的に重量を計測し、試験開始時と比較する方法で評価を行います。5%以上の水分が失われると商品価値が低下すると言われています。
硬度測定
イチゴ、柿、リンゴ、メロンなどの果実の硬度を測定、熟度・収穫時期・貯蔵状態・出荷時期、日持ち性、食味などの判定に役立ちます。
糖度測定(糖度計)
青果物に含まれる主要な糖はブドウ糖、果糖、ショ糖です。多くの青果物は収穫後から経時的に減少するので、劣化の指標としてよく分析されます。
色彩色差測定
果実の果皮色を表色系の数値として表します。測定器を使えば、色と色の微妙な違いも数値で表すことができます。熟度の判定などに役立ちます。
糖酸度測定
特に果物では、酸と糖のバランスがおいしさに重要であると言われており、品質の変化の指標として重要です。
CO2 / O2 測定
多くの青果物はガス環境組成を制御することにより劣化をコントロールすることができます。鮮度保持効果を有する包材フィルムに保存された果実については、青果物の品質保持に適したガス環境が組成されているかを判定するのに袋内ガス環境を測定します。

食味検査・嗜好調査

食味検査は、試食し人の感覚による試験(官能試験)をします。甘味、苦味、酸味、辛味、旨味のような味に関することや発酵臭、熟成香のような芳香、硬さ、歯ざわり、弾力、などのテクスチャーに関して評点付けして評価します。
嗜好調査では、現地の好みや日本の青果物に対する意見などを現地スタッフがお届けします。

お問合せ

分析についてのご相談などお気軽にお問合せください。
WEBからのお問合せはこちらから。

東京営業1グループ(※東京以北)

03-5524-3851

東京営業2グループ(※東京以南)

03-5524-3852

名古屋支店

052-587-3617

大阪支店

06-6446-2960

西日本支店

0827-53-9190

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
※東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。