リチウムイオン二次電池
Li金属の可視化
-SEM-高感度EDS-

印刷する

概要

電池内部のLiおよびLi化合物の分布を把握することは電極活物質上の被膜の状態や劣化解析を進める上で重要である。Li塩や添加剤などの分布はEDSによる元素分析が有効であるが、従来は空間分解能が低く、Liも検出できなかった。ここでは高感度、高空間分解能かつLiが検出できるEDSについて紹介する。

高感度EDS検出によるLi金属の定性分析

高感度EDSによるLi金属箔の元素マッピング

従来不可能であったLiの検出とマッピングが可能となった

高感度EDSの仕様
空間分解能:10nm
カウントレート: 軽元素 2~3倍、高エネルギー側 1.5倍
感度:10~30倍(従来薄膜ウィンドウ付大面積検出器比較)

検索番号9095

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら