ポリオレフィンの内部構造と物性の可視化
ーTEM,SPMー

印刷する

概要

ポリオレフィンの内部構造は、各種の染色法を駆使し透過型電子顕微鏡(TEM)により、その相分離構造などを観察してきた。
さらに、その各相における弾性率や付着力などの諸物性をSPMフォースカーブにより可視化できるようになった。これらの方法で、材料の機能を総合的に解析する。

分析事例 ポリプロピレンの内部構造観察 TEM

各種染色法を施した後、TEM観察により結晶構造(ラメラ構造)、内添されているゴムの大きさや分散状態をなどを観察する

分析事例 ブロックPPのフォースカーブ・マッピング SPM

ブロックPP内部のPP相、EPR相、PE相のフォースカーブを測定し、得られた弾性率や付着力などの物性値の分布を可視化することができる
低温から高温まで幅広い温度領域で測定できるため、製品の実用温度での物性情報を取得することができる

検索番号9080

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら