リチウムイオン二次電池
正極の抵抗分布測定
-走査型拡がり抵抗顕微鏡(SSRM)-

印刷する

概要

サイクル試験による劣化などで粒子間の結合が切れると、導通が取れなくなり電池特性低下の原因となる。SPM(走査型プローブ顕微鏡)を用いて正極シート中の活物質等の電気抵抗測定(SSRM)を行い、電極内の抵抗分布を可視化することができる。

走査型拡がり抵抗顕微鏡(SSRM)

非暴露での測定を実施しており、大気等の炭酸の影響を排除しての測定が可能

■特徴
・電極の表面および断面電気抵抗測定とその可視化
・非暴露での測定
・アルゴン流通下などの雰囲気制御、高真空下での測定

■評価例
・正極での導電性マッピング
・サイクル劣化などで導電性が低下した活物質の分布や周囲と絶縁された一次粒子の導電性測定など

大気非暴露下での検体作製と測定
前処理:クライオイオンミリング
測定 :SPMおよびSEM観察
    同一箇所で測定可能

NMC系電極断面のSEM観察および凹凸測定、電気抵抗測定(SSRM)

・SSRM像とSEM像の比較から活物質および導電助剤の識別ができる
・SSRM像にで示す、活物質や導電助剤よりも高抵抗な領域が存在
→SEM像および凹凸像よりは空隙であることから、ここに露出したバインダー(高抵抗部は活物質や導電助剤よりも高抵抗)もしくは周囲と絶縁された領域の可能性が考えられる

検索番号9077

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら