硬化樹脂 接着不良の原因解明
パルスNMR

印刷する

概要

CFRPにおいてはCFと硬化樹脂の接着性が重要である。
接着不良は硬化樹脂の未硬化部分に関係すると考え、パルスNMRで評価した事例を紹介する。
パルスNMRはCFRP中の硬化樹脂のみの特性を評価できる評価方法である。

CFRP中のCFと樹脂の接着不良

CF/エポキシ模式図

剥離原因をエポキシ樹脂の未硬化部分の存在にあると考えた

未硬化部分の評価 パルスNMR

・測定温度160℃では、剥離あり品剥離なし品で磁化強度の緩和時間に差なし
・260℃で測定することで、磁化強度の緩和時間に差が現れた
・剥離あり品の未硬化部分が多いことがわかる
・剥離は、強度が弱い未硬化部分で発生したと推察される

検索番号9073

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら