プラスチック製品の性能不良解析

印刷する

概要

プラスチック製品の各種性能不良の解決や改善には、各種の性能・機能評価試験、様々な分析手法を用いて、性能不良の要因を把握することが重要となる。その要因を解析して、性能・機能改善の道筋を提案する。

性能不良解析の概要

分類 機能評価 不良要因解析手法(分析手法)
粘着性・性能・機能接着性 剥離、シール性、タック性 CFM・LFM(AFM)、TOF-SIMS、XPS、粘弾性、パルス NMR
力学性能 引張、曲げ、圧縮、衝撃 固体構造(XRD)・分子運動性(パルス NMR)、粘弾性
触感、感触 摩擦、スリップ、熱伝導、濡れ性 LFM・DFM(AFM)、顕微鏡観察(光学、SEM)
バリア性・透過性 各種物質の透過度試験 顕微鏡観察(SEM,TEM)、膜密度(RBS,X 線反射率)、XPS
透明性(光機能) 光透過度、屈折率・複屈折 UV-VIS 分光、エリプソ、顕微鏡観察(光学、SEM)
絶縁性(電磁機能) 抵抗率、誘電率、絶縁破壊、帯電 粘弾性、架橋密度、パルス NMR、固体高分解能 NMR
絶縁性(電磁機能)
エネルギーデバイス
抵抗率、誘電率、絶縁破壊、帯電
I-V、EL、redox、インピーダンス
顕微鏡観察(SEM、TEM)、XRD、XPS,TOF-SIMS、ラマン

分析例 プラスチック複合材料の界面評価

プラスチック複合材料においては、要求される性能を満足するための界面設計が必要であり、またその界面での不具合も多く発生するため、その内部構造や界面構造を可視化して評価することが重要である。

検索番号9072

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら