リチウムイオン二次電池
保存試験による添加剤効果の確認
–SEM-高感度EDS –

印刷する

概要

リチウムイオン二次電池はサイクル特性、安全性などの向上が求められており、電解液には用途に応じた添加剤が用いられている。高感度EDSで元素分布を可視化することにより、保存試験を行った際の添加剤効果を確認できる。

添加剤あり

添加剤なし

検索番号9065

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら