プラスチック製品の表面特性評価(SPM)

印刷する

概要

プラスチック製品の表面特性の評価にSPM(Scanning Probe Microscopy)が有効である。
これは先鋭な探針(プローブ)の先端で試料表面を走査しながら、試料表面と探針の先端の間に働く相互作用を利用したもので、試料表面の凹凸形状をはじめ、表面分子との絡み合い、親水疎水性、粘弾性、熱変形、電気抵抗などの様々な表面の物理情報を3次元の画像情報として得ることができる。

検索番号9062

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら