塗装膜の表面不良解析

印刷する

概要

塗装膜で発生する光沢不良などの問題は、原因として塗装膜表面の凹凸や塗装膜を構成する成分の分散不良などが考えられる。そのような現象はμm レベルの解析には留まらず、さらに微小領域のnm レベルでの解析が必要となってきている。
弊社では、表面 SEM 観察、AFM による凹凸測定、ナノ IR による組成分布評価等により、塗装膜の表面で発生する現象を総合的に解析致します。

分析例 塗装膜表面の総合解析:SEM、AFM、ナノIR

表面には数百nmから数μmレベルの島相の突起物が観察された
その突起部分は、マトリックスの海相にはない1738cm-1:カルボニル基の吸収が観測された1738cm-1:カルボニル基のイメージ像により、島相突起部とカルボニル基が一致した

◎塗装膜を構成するカルボニル基を持った成分の分散不良が原因と推察された

検索番号9057

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら