硬化樹脂の総合評価
− 原料、硬化挙動、製品の評価 −

印刷する

概要

硬化樹脂の製品物性は、原料だけでなくその硬化条件も影響するため硬化過程も含めた総合評価が重要である。
①原料の主原料組成、硬化剤、添加剤分析、②硬化挙動における化学反応、物理変化の2面からの追跡、③硬化後の樹脂物性について硬化度(架橋密度)、機械物性の評価が可能である。

検索番号9054

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら