快適性 人が感じる感覚を物理量として評価

印刷する

概要

自動車の快適性を評価するうえで、従来は五感に頼っていた感覚をポリマーの表面・バルク分析や各種物性評価を行うことで物理量として定量的に評価し、総合的に解析する。

肌触りの評価

自動車内装材の肌触り性能は、材料の各種物性評価を組み合わせて総合的に評価する必要がある

静音・防音の原因解析

自動車の静音性能を向上させるためには、音の発生原因や材料の防音や吸音のメカニズムを解明することが重要である

座り心地の比較試験

自動車シートに使用される軟質ウレタンの座り心地性能は、押したときの反発性と分子鎖の高次構造との関係性から評価できる

検索番号9047

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら