高分子材料の表面劣化総合解析

印刷する

概要

高分子材料の劣化は、表面から内部へ進行するため最表面、表層付近の状態を把握することは劣化挙動を解析する上で極めて重要である。高分子材料に対する様々な表面解析技術を保有しており、その劣化を総合評価できる。一例として、ポリプロピレン(PP)表面の総合解析事例を紹介する。

ポリプロピレン(PP)シートによる評価事例

測定試料
PPの表面劣化前後品:真空紫外線を照射しモデルサンプルを作成

表面劣化後は摩擦力が大きい(分子が動きやすい)

表面劣化後は親水基が増加している

表面劣化後は分子量が低下している

測定温度を数水準ふり、深さ方向のTanδ変化を総合的にみて、急激に減少している深さ約100nm付近まで劣化が進んでいると推定

劣化したPP表面は、親水性官能基を末端に持った分子運動性の高い
低分子量成分が、表層付近に形成されているものと推察される

検索番号9039

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら