リチウムイオン二次電池 膨れ試験と発生ガス定量分析
-GC-BID-

印刷する

概要

リチウムイオン二次電池は高容量化・高電圧化が求められており、電解液への負荷増大により劣化ガスが発生する。専用容器を開発し、膨れ試験後の試料について高感度のガス分析を可能とした。
バリア放電イオン化検出器(GC-BID)はH2、CO、CO2等の無機ガスをGC-TCDよりも数十倍程度高感度で検出し、無機ガスと同時に炭素数3までの有機ガスを高感度に検出できる。

膨れ試験

■試料
ラミネートタイプ
(例)電解質:LiPF6溶媒:カーボネート系

■試験条件(例)
満充電80℃×2日

膨れ試験

専用容器にラミネート内のガスを
大気非暴露下で採取し、直接装置へ導入

同じ構成の電池でもガス発生量に
個体差がみられた

GC-MSによる微量成分定性分析

・ GC-BIDによる測定から不明成分が検出された
・ GC/MSによって、不明成分の定性を試み、フルオロエタンと推定された

検索番号9037

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら