リチウムイオン二次電池 活物質・劣化物、導電助剤の同定と分布評価
-顕微ラマン-

印刷する

概要

顕微ラマン分光法では分子振動や格子振動に由来したスペクトルが得られる。リチウムイオン電池の電極各部材を対象に、固有のピークでイメージングすることで各部材の空間的な分布情報を得ることができる。正極各部材および活物質の劣化成分を可視化した。

顕微ラマンの特徴

・ 空間分解能1μm以下で指定領域のラマンスペクトルを1点づつ測定
・ ラマンイメージから、活物質、導電助剤、グラファイトなど電極構成成分の分布を可視化
・ 活物質の充放電状態や劣化状態を評価可能
・ 大気非暴露での測定可能

分析例 正極のラマン分光による解析と可視化

検索番号9035

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら