リチウムイオン二次電池 負極活物質材料の構造解析
-X線回折(XRD)-

印刷する

概要

XRDでは正極や負極活物質の結晶構造(格子定数、結晶子サイズ)・配向などの平均情報を得ることができる。粉末、シートいずれでも評価でき、大気非暴露セルを用いれば充電状態の違いや劣化試験前後で、構造変化を比較することも可能である。ここでは、負極活物質材料に適用した事例を紹介する。

負極活物質の格子定数および結晶子サイズ測定

標準試料Siを内部標準とした炭素材料構造の定量化[JIS R7651:2007に準拠]

充電状態の負極活物質の構造評価

・ 大気非暴露によるEx-situ測定
・ サイクル試験前後や劣化電池間などで比較

検索番号9034

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら