リチウムイオン二次電池 負極バインダーの分布評価
-SEM-高感度EDS-

印刷する

概要

活物質間や集電体を結着させるバインダーは、負極では水系バインダーが主流であり、SBR、CMC(カルボキシメチルセルロース)などが用いられている。電極シート内でのバインダーの分布情報は電池性能向上のために重要となる。高感度エネルギー分散型検出器(EDS)を用いてSBRおよびCMCの分布を可視化することができた。

染色によるSBR分布観察

バインダーであるSBRを染色し、SEMによる反射電子像からバインダーの分布を評価

目的に応じて断面作製方法を使い分ける

高感度EDSによるSBRおよびCMC分布観察

SBRは染色剤成分、CMCについては構成元素のNa、それぞれの元素の高感度元素マッピングを実施した

検索番号9033

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら