プラスチック製品中の異物分析
- 顕微IR、ナノIR -

印刷する

概要

プラスチック製品の異物混入トラブル解決には、異物混入源を見いだすことが必要である。そのためには様々な分析手法を用いて、その物質を特定する。ミクロサイズ・ナノサイズ異物を解析した実例を示す。

分析例 PEフィルム中の10μmサイズ異物(ミクロサイズ異物)

マイクロサンプリング後、SEM(形態観察)観察、EDS 測定およびFT-IR 測定によりステアリン酸カルシウム(添加剤凝集物)と判明

分析例 樹脂白化発生原因微小サイズ(1μm以下)異物(ナノサイズ異物)

nanoIR 測定結果(3ヶ所重ね合わせ)

検索された標準データとの対比で白化異物はPBT・PC アロイと判明

検索番号9030

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら