プラスチック製品中の異物分析

印刷する

概要

プラスチック製品の異物混入トラブル解決には、異物混入源を見いだすことが求められる。そのためには様々な分析手法を用いて、その物質を特定することが重要である。前処理技術を駆使して異物を分析しやすい状態に加工後、最適な分析法を適用して異物を同定する。

異物サイズによる分析法の使い分け

分析例 多層フィルム中の100μmサイズ異物

断面作成後、FT-IR 測定により第3 層(PE)の劣化物と判明

検索番号9029

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら