リチウムイオン二次電池 電解液分析 - NMR GC/MS -

印刷する

概要

NMR(1H-NMR、19F-NMR)やGC/MS測定により電解液の溶媒種や添加剤の同定を行うことが可能である。GCで定量することで、添加剤がどの程度消費されたかを把握することが
できる。ここでは市販電池の電解液組成を確認するとともに、保存試験(満充電、80℃、2日間)によって添加剤がどのように消費されたかを確認した。

電解液成分(NMR)

NMR(1H-NMR、19F-NMR)とGC/MS測定から、電解液成分は以下と同定

試験前後の組成変化(NMR,GC)

変性物(GC/MS)

  • 保存試験後で複数の微小ピーク(矢印)を検出
  • その1つ(A部)を電解質および電解液由来の変性物と思われるフルオロホスホン酸ジエチルと推定
  • GC/MSでは微量変性物の推定も可能である

検索番号9028

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら