リチウムイオン二次電池 電解液中の変性物解析 - LC/MS/MS -

印刷する

概要

電解液中にどのような変性物が生成するかを把握することは電解液を開発する上で重要である。変性物の定性法としてはGC/MS、LC/MS/MSがあげられる。ここではサイクル試験で生成した変性物をLC/MS/MSで解析した。

解析例(LC/MS/MS)

LC/MS測定データの多変量解析(n=3)により、サイクル試験後で検出量が増加したピークを選別した
サイクル試験後では、溶媒(カーボネート)の変性物や電解質(LiPF6)と溶媒(カーボネート)が反応した変性物などの存在が示唆された

検索番号9024

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら