リチウムイオン二次電池 セパレータ分析

印刷する

概要

セパレータの原料として高密度PEがあげられるが、多成分系や耐熱性タイプ、熱暴走防止の機能が付与されているなど様々な製品が開発されている。市販電池に使用されているセパレータを分析し、詳細な解析を試みた。

断面SEM観察

  • クライオイオンミリング加工により、熱に弱いセパレータでもダメージなく本来の形状を保ち断面作製が可能
  • 拡大像では内部の様子が明瞭に観察できた
  • セパレータは2層構成と判明した
  • 層I I については元素分析( E D X ) の結果、Al、Oが検出された

FT-IR

DSCによる融点測定

  • FT-IRおよびDSC測定からセパレータの高分子成分はHDPEを主成分とし、少量のホモPPが含有していると考えられる
  • FT-IRで他に検出された無機物はデータベースや元素分析の結果からアルミナ(耐熱絶縁層)と考えられる
  • エステル成分はアルミナのバインダ樹脂と推定される

検索番号9023

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら