リチウムイオン電池の発生ガスの一斉分析-GC-BID-

印刷する

概要

バリア放電イオン化検出器(GC-BID)ではH2、CO、CO2等の無機ガスと、メタンなどの有機ガスを同時に、しかも高感度で検出できる。
微量の発生ガスが問題となるリチウムイオン電池の微量ガス分析を行った。

GC-BIDガスクロマトグラム例

  • H2、CO、CO2等の無機ガスをGC-TCDの100倍の高感度で検出できる
  • CH4、C2H4等の有機ガスを同時に測定することができる
  • 炭素数3までの有機ガスの検出も可能

測定例 リチウムイオン電池の加速試験で発生するガス分析

電解液の組成の違いにより、発生するガスの種類や量が異なることがわかった

検索番号9022

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら