LiBリチウムイオン二次電池の劣化解析

印刷する

概要

リチウムイオン電池では充放電サイクルにより、電池容量の低下や正・負各電極の抵抗増加などの劣化が起こる。
劣化解析では使用されている材料の特定に加え、劣化前後における材料の組成や形態変化、変質生成物の増加、LiやCoなどの化学状態の変化を調べることで、電池の容量低下や抵抗増加の要因について総合的に考察する。

分析例 保存試験前後の電解液ガスクロマトグラフ分析

  • ガスクロマトグラフにより電解液の分析を行った結果、保存試験後に電解質、添加剤の減量が確認された
  • 微小ピークをGC/MSにより解析した結果、フルオロホスホン酸ジエチルと推定された

分析例 保存試験前後での電極表面のSEM観察とXPS分析

  • 保存試験前後の負極表面をSEM観察した結果、堆積物の増加が確認された
  • XPS分析により、LiPF6の比率の減少とリン酸塩(LiPFxOyやP2O5等)の増加が確認された

検索番号9021

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら