PV分析事例(1)
強化ガラスサンプリング技術

印刷する

概要

PVモジュールの強化ガラスの切り出しは困難であるが、当社では特殊な加工をすることで、強化ガラスにひび割れが入らない状態で故障・不具合箇所の断面を作製することができる。
これを走査電子顕微鏡(SEM)観察することで不良要因・原因の特定が可能となる。

PVパネルの断面観察

【強化ガラスサンプリング技術】
強化ガラスをひび割れを発生させず
幅2cm程度の断面を作製することが可能
【従来切断技術】

広域でSEM観察を行うことで、例えば「セル/ハンダ」、「Cu/ハンダの各界面」、及び「ハンダ内のクラック」などにおける不良要因・原因が発見しやすい

検索番号9011

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら