リチウムイオン二次電池の分析・試験

印刷する

概要

リチウムイオン二次電池は電子機器、自動車、蓄電など様々な用途で活用されている。
次世代電池としてさらなる高出力、大容量、小型化、安全性向上などが求められる中、各部材に関する構造解析や組成分析・材料物性試験など得意な分析・試験技術を活かし、開発をサポートする。

リチウムイオン二次電池の分析概要

分析箇所と主な分析手法

部材 項目 分析法
電極 活物質 元素組成比 高周波プラズマ発光分析(ICP-AES)、
蛍光X線(XRF)
結晶構造 ラマン分光、
X線回折(XRD)、
透過電子顕微鏡(TEM)
形態変化 透過電子顕微鏡(TEM)、
走査電子顕微鏡(SEM)
状態分析 X線光電子分光(XPS)、
電子スピン共鳴(ESR)、
X線吸収微細構造(XAFS)、
透過電子顕微鏡電子エネルギー損失分光(TEM-EELS)
SEI分析 X線光電子分光(XPS)、
飛行時間型二次イオン質量分析(TOF-SIMS)、
液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析(LC-MS/MS)、
核磁気共鳴(NMR)
物性 比表面積、細孔分布
バインダー 定性 熱分解GC/MS
添加量 TG-DTA
導電助材 結晶性、分布 ラマン分光
セパレータ 形態観察 走査電子顕微鏡(SEM)、
原子間力顕微鏡(AFM)
組成 FT-IR、融点測定(DSC)
物性 比表面積、通気度
電解液 組成(定性・定量) 核磁気共鳴(NMR)、
ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)、
ガスクロマトグラフ(GC)、
イオンクロマトグラフ(IC)
添加剤などの微量成分 ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)、
ガスクロマトグラフ(GC)
電解質などのイオン成分 イオンクロマトグラフ(IC)、
核磁気共鳴(NMR)
変性成分 核磁気共鳴(NMR)、
ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)、
液体クロマトグラフ-タンデム型質量分析(LC-MS/MS)
電極溶出無機成分 高周波プラズマ発光分析(ICP-AES)、
融合結合プラズマ質量分析(ICP-MS)
発生ガス GC-BID

検索番号9003

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら