燃料電池の分析・試験

印刷する

概要

ポリマーに関する構造解析や組成分析、材料物性試験、触媒の分析など三井化学分析センターの得意な分析・試験技術を生かし、固体高分子形燃料電池の開発をサポートします。
各部材のおける主な分析手法をご紹介いたします。

固体高分子形燃料電池の分析・試験の概要

分析部材と主な分析法

部材 分析項目 分析法
触媒(電極) 表面積 サイクリックボルタンメトリ(CV)
酸素還元性能 対流ボルタンメトリ(HDV)
組成分析、不純物分析 高周波プラズマ-発光分析(ICP-AES)
有機元素分析(CHNO)
高周波プラズマ-質量分析(ICP-MS)
電極構造の観察 走査電子顕微鏡(SEM)
粒径・分布観察 透過電子顕微鏡(TEM)
結晶性、配向性の評価 X線回折(XDR)
金属の状態観察 X線光電子分光(XPS)
X線吸収微細構造(XAFS)
グラファイト比率 ラマン分光
吸着ガスの成分分析 昇温脱離ガス質量分析(TDS-MS)
電解質膜 ガス透過率 ガス透過率測定
粘弾性 動的粘弾性測定
クリープ特性 クリープ試験
構造および劣化解析 固体高分解能核磁気共鳴(19F-NMR)
分子量測定 高温ゲル浸透クロマトグラフ分析(GPC)
※溶媒可溶物

検索番号9002

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら