粒度分布・形状分布の測定・解析-動的画像解析法-

印刷する

概要

動的画像解析法とは、流体(溶媒等)に分散させた粒子を連続撮影し、計測・二値化・解析を行うことで、粒度分布と形状分布(アスペクト比、円形度等)を求める方法である。
この手法により、レーザー回折散乱法ではできなかった粒子の形状や凝集状態を確認でき、静的画像解析法よりも短時間で数千個~数万個以上の粒子を測定できるようになった。

動的画像解析法 他方法との比較

  動的画像解析法 静的画像解析法
(顕微鏡写真での解析)
レーザー回折
散乱法
電気的検知法
(コールター・カウンター法)
粒径解析法 投影面積 投影面積 光散乱・回折 電気抵抗
粒子数計測 ×
測定粒径範囲※ 1~1,000μm 倍率による 0.02~2,000μm 1~240μm
形状観察・解析 × ×
測定時間 15分 数時間~数日 5分 10分

※当社対応範囲

  • 静的画像解析法よりも、短時間で多数の粒子を測定できるため、統計的な信頼性が上がり、低コストである
  • レーザー回折散乱法ではわからなかった粒子の形状、凝集状態がわかる
    また、アスペクト比の高いサンプル(ガラス繊維など)の繊維長、繊維径も測定できる

動的画像解析法により得られる情報

投影面積、円相当径、長径、短径、周囲長、アスペクト比、円形度、凹凸度など

測定例 ガラスビーズの粒度分布と形状(円形度)分布

検索番号7009

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら