ガス吸着法による比表面積及び細孔分布の測定

印刷する

概要

圧力変位による固体表面へのガス(N2、Ar、Krなど)の吸脱着量から、吸脱着等温線を測定し、比表面積、細孔径分布(ミクロ、メソ孔)を評価することができる。
例えば、比表面積測定は吸着剤の性能を、また、細孔径分布測定は触媒の反応選択性を把握する際に有効である。

吸脱着等温線における 比表面積・細孔径分布の解析

①BET比表面積(p/p0=0.05~0.3) ※単分子層吸着量とガス分子の吸着断面積から比表面積を算出する

※Kr ガスはN2ガス吸着では検出できない低比表面積試料の測定に用いる(比表面積測定のみ)

活性炭とメソポーラスシリカの測定事例(N2ガスでの測定)

  比表面積(m2/g)
活性炭 1490
メソポーラスシリカ 100

検索番号7008

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら