揮発性有機化合物(VOC)分析(2)

印刷する

アクティブ捕集・・・ポンプを用いて吸着剤に吸着

<吸着管捕集法>
吸着剤を充填した捕集管に捕集
捕集後はTCT-GC-MSで分析
(脱着手段:加熱脱着)

  • 大気捕集量から濃度が分かる
  • 高極性化合物の捕集も可能
  • シロキサン類の分析も可能

捕集例
クリーンルーム内に捕集ポンプとつないだ捕集管をセット
0.2mL/minで30分程度大気捕集し、TCT-GC-MSで分析

室内、各種部材など

パッシブ捕集・・・動力を用いずに対象物質の分子拡散を利用

<HSSE法> Head Space Sorptive Extraction
PDMS(ポリジメチルシロキサン)をコーティングした撹拌子に対象成分を捕集する方法
捕集後はTCT-GC-MSで分析
(脱着手段:加熱脱着)

  • 捕集した全量を導入可能
  • コンタミや低沸点成分のロスが少ない
試料をバイアルに入れ、ヘッドスペース部に捕集体をセットして数時間放置 閉鎖空間(室内・ケース等)に捕集体を入れ、数時間放置(ケース内面から発生するアウトガスの捕集が可能)

水中のVOC濃縮捕集

  濃縮捕集 脱着手段 特 徴
固層抽出法 吸着剤(オクタデシル基を導入したシリカ)に捕集 溶媒抽出
  • 抽出溶媒の一部をGC-MSに導入
パージ&
トラップ法
不活性ガスでバブリング゙して追い出し、吸着管で捕集 加熱脱着
  • 全量をGC-MSに導入可能
  • コンタミや低沸点成分のロスが少ない
SBSE法 PDMS(ポリジメチルシロキサン)をコーティングした撹拌子を試料溶液中で撹拌させ、対象成分を抽出する方法 (右図参照)(液液分配の理論を応用) 加熱脱着
  • 捕集した全量をGC-MSに導入可能
  • コンタミや低沸点成分のロスが少ない
  • 環状ジメチルシロキサンのバックグランドがある

SBSE法(イメージ)

約1時間攪拌
水をよく切り、TCT-GC-MSで測定

検索番号7007

本技術資料ダウンロード

お問合せはこちらから

※東京以北:東京都北部〜千葉・北関東、北信越、東北、北海道、海外
東京以南:東京都南部、神奈川、静岡、山梨
なお、東京都北部、東京都南部の各エリアは東京都を中央線・総武線にて大まかに分けております。

WEBからのお問合せはこちら